打ち合わせが大切

家族が希望するスタイル

数珠

大切な家族が亡くなった直後にお通夜やお葬式の準備をするというのは、精神的にも肉体的にも辛いことですが、だからといって葬儀社に全て任せてしまうことはやめましょう。ある程度希望に沿ったお葬式ができないと、後々後悔することになりかねません。辛い状況にはありますが、葬儀社との打ち合わせだけはしっかりと行いましょう。柏原に限らず、国内では大抵、どの方も病院で亡くなることが多いです。病院側に柏原市内の葬儀社を紹介してもらうこともできますが、事前にお任せしたい業者が決まっているなら、すぐに連絡を取りましょう。まずはご遺体は病院から搬出して、柏原市内の自宅かセレモニーホールに安置することになります。ご遺体を安置したら、そこで初めて業者との位置合わせに入ります。打ち合わせで最も気になることといえば、お通夜やお葬式に必要な費用です。業者に相場を尋ねる方も少なくありませんが、お通夜やお葬式は本当にピンキリです。最も安い費用で済ませたいなら、火葬だけで済ますこともできますし、お金を掛けようと思えば祭壇を豪華にしたり、花や料理を豪華にするなど、いくらでもお金は掛かります。世間の相場ではなく、ご遺族がどのようなお通夜やお葬式を希望しているのか、または故人がどんな希望をしていたのか、葬儀社にはっきりと伝えましょう。柏原には大手から地元に根付いている小規模な葬儀社まで複数の業者があるので、ご家族の希望に合うプランを選びましょう。

香典の額を想定

メンズ

柏原では、葬式はアットホームな家族葬や無宗教葬など、様々なスタイルで行われています。そしてスタイルの選定は多くの場合、故人の希望と予算によって決められます。予算オーバーにより故人の希望を叶えることが難しい場合には、予算の一部として香典が使われることもあります。柏原の葬儀会社の多くが、料金の後払いや分割払いに対応しているので、香典を受け取ってから支払うことができるのです。ただし香典で費用を補填する場合は、その額を想定しておくことが肝心です。香典のトータルをはるかに上回る料金の葬式を出すと、結局予算オーバーとなってしまうからです。柏原では、葬式に参列する人のほとんどが相場通りの香典を持参するので、訃報を知らせる相手を確認すれば、香典も簡単に想定できます。相場は具体的には、故人の兄弟の場合は3〜5万円、親戚は1〜3万円、同僚や友人は5千円となっています。もちろん香典を受け取る以上、香典返しを渡すことが必要となるので、その点も考慮して予算配分をしなければなりません。柏原では、受け取った香典の約半額分の香典返しを渡すことがマナーとされています。つまり葬式の費用補填に利用できる額は、香典のトータルの半分ということです。このように、香典と香典返しについて把握しておけば、葬式のスタイルを比較的スムーズに決めることが可能となります。予算が十分にある場合でも、香典をプラスすれば葬式を一層充実させることができるのです。

1つで済ませられると便利

婦人

葬式を行う際には、葬儀社と斎場を選ぶ必要があります。葬儀社と斎場は混同されがちですが、これらは全く別のサービスなのです。柏原周辺にも多くの葬儀社や斎場があるため、この地域で葬式をする場合にはその違いをしっかりと確認しておくようにします。それでは、柏原周辺にはどのような葬儀社や斎場があるのでしょうか。それぞれのサービス内容について解説していきます。葬儀社とは葬式全般を取り仕切る業者のことで、利用しやすいように斎場を完備している所もあります。斎場が完備していない葬儀社を選んだ場合には、改めて斎場を探す必要があるのです。逆に契約した葬儀会社に専属の斎場がある場合には、別の斎場を使用することができません。葬式の最後の場所となるのが火葬場です。柏原にも火葬場は存在しています。公営の斎場には火葬場が併設されているため、葬式の後にすぐ火葬を行う流れとなります。ただし、葬儀社の中には併設する斎場の中に火葬場がない場合があります。行政によって火葬場の数が制限されているためです。その場合は、斎場で葬式を終えた後にバスなどで火葬場へ移動することになります。火葬場付きの斎場を持つ葬儀社であれば、全てが同じ場所で行われることになります。対して、それぞれが別々の場合は移動が必要になります。いずれが良いかについては、参列者の人数や希望によって判断しなければなりません。柏原にはいずれの状況にも対応してくれる業者が存在するため、事前に問い合わせて相談しておくようにします。

選ぶときの基準を持つ

花

柏原での葬式は一般の葬儀社と互助会、JA・生協のサービスを利用できます。一般の葬儀社は自ら選ぶ際に候補が豊富で情報が多い点、互助会は葬式の費用に対して備えられるところがそれぞれの長所でしょう。

もっと読む

打ち合わせが大切

数珠

病院でご家族が亡くなった場合は、ご家族が希望する葬儀社か、病院側に紹介してもらった柏原市内の葬儀社に依頼して、まずはご遺体を搬出します。ご遺体を安置したら打ち合わせに入りますが、お通夜やお葬式は世間に合わせるのではなく、ご家族の希望するスタイルで執り行いましょう。

もっと読む

一般葬の流れ

式場

柏原市で行われている葬式の中でも、故人の社会的なつながりを重視した一般葬は多くの参列者が出席して行われます。一般葬はまず通夜に始まり、翌日に葬儀式と告別式が行われた後で出棺から火葬に至るのが基本的な流れです。葬儀式では読経など宗教儀礼が行われ、告別式は出棺前に参列者が故人に最後のお別れをする式です。

もっと読む