一般葬の流れ

葬儀式から告別式へ

式場

亡くなった人の葬式は規模によって家族葬から社葬まで多くの種類があり、儀式の進め方には地域ごとの違いも見られます。故人とごく親しかった身内だけで行われる家族葬も増えていますが、故人の社会的なつながりを重視したいという場合は職場関係者や近所の人なども会葬して一般葬が行われます。故人が所属していた会社が主催して費用も負担する葬儀を社葬と言い、遺族と会社が合同で葬儀を行う合同葬もしばしば実施されているものです。このうち柏原市でも最も多く行われている一般葬の場合は、通夜から始まって葬儀式と告別式を経た後に、出棺から火葬というのが基本的な流れです。全国的に見ると東北地方や中国地方・九州地方の一部では、先に火葬を行ってから葬儀式や告別式を実施する風習があります。近畿地方に位置する柏原市の葬式では告別式の後で出棺・火葬という流れが一般的となっており、最近では葬儀式と同時に告別式を行う事例も少なくありません。社葬のように規模の大きい葬式の場合は葬儀式と告別式を分けて実施するのが普通ですが、一般葬の場合は両方を一緒に実施する方が合理的なのです。宗教的な儀礼を目的とする葬儀式に対して、喪主が主導する告別式は参列者が故人との最後のお別れをする式という点で異なります。葬儀式では僧侶の読経や参列者の焼香が中心となりますが、告別式では弔辞や弔電の紹介などが行われます。柏原市で実施される葬式でも最近はこうした葬儀式と告別式を一体化させて式次第とするケースが増えており、僧侶による読経の間に弔辞や弔電紹介が入る場合も少なくありません。以上は柏原市で行われている一般葬の葬式事例ですが、近年は葬式のあり方も多様化しており、宗教色を排した自由葬や音楽葬なども見られるようになりました。いろいろな種類が存在する葬式の中でも、通夜の翌日に葬儀式と告別式を行って出棺から火葬へと至る一般葬を選択するケースが最も多いのです。

仏式や神式やキリスト教式

花

柏原には、葬式を出すことのできる様々な宗教施設があります。たとえば寺院で、仏教徒の多い柏原ではほとんどの人が、ここで仏式の葬式を出しています。ただし仏教には宗派が多くあり、寺院での葬式はそれぞれの宗派に基づいた方法で行われます。僧侶が唱えるお経も、宗派ごとに異なっているのです。そのため特別な事情がない限りは、基本的にその宗派の寺院で、定められた形式に従って葬式を出すことになります。また柏原の宗教施設には、寺院以外に、神社や教会などもあります。神社では、日本で古くから信仰されている神道をベースとした神式葬儀を、教会ではキリスト教式の葬式を出すことができます。前者の場合は焼香ではなく玉串を、後者の場合は葡萄酒を供えたりと、それぞれに異なる特徴があります。どちらも基本的には故人が信者でなければなりませんが、近年の柏原では信者でなくても受け入れるという神社や教会が増えてきています。さらに柏原では、オリジナルの要素を盛り込んだ自由葬の需要も高まっています。自由葬とは文字通り自由な形式の葬式で、宗教施設に限らず、たとえば自宅や海や山、故人の思い出の場所などでも執り行うことが可能です。内容も、参列者が楽器を持ち寄って故人を偲びながら演奏したり、故人のアルバムを眺めながら歓談したりと、自由に決めることができるのです。このように形式が多いため、柏原での葬式は、遺族の都合だけでなく故人の信仰や好みも十分に考えて進めていくことが大事です。

50万円以下も可能

女の人

葬式にはどのくらいの費用がかかるのか、多くの人は不安になるものです。小さなものでも最低限のことは行う必要があります。日頃からその分の積み立てをしておきましょう。もちろん、地域によっても多少の違いがあります。最寄りの葬儀会社をいくつかピックアップして、平均相場を算出してみるといいかもしれません。例えば、柏原で葬式を行う場合、柏原の葬儀会社のホームページをいくつか見てみましょう。ホームページに料金体系が載っています。ただし、細かな要望を出していくとさらに上乗せされるので、あくまでも参考程度にとどめておくことが大切です。柏原だけではなく、全国的に見ても葬式の平均相場は100万円前後となっています。これは社葬なども入れるからです。社葬は当然、大規模なものとなるので、100万円を超えることは普通です。一方、家族葬で考えてみましょう。家族葬ならもっと安く費用を抑えることができます。柏原の家族葬の場合、50万円以下で行えることもあるのです。これは最低限のプランを参考にしましょう。葬式にあまり費用をかけられないという家庭は、最近とても増えてきています。そこで、葬儀会社の方でも親身的に相談に乗ってくれるようになったのです。50万円以下の家族葬プランを、柏原の葬儀会社で探してみましょう。要らないオプションなどを省いていけば、さらに安く行えることもあります。自分たちで行えることは行うようにすればいいのです。

選ぶときの基準を持つ

花

柏原での葬式は一般の葬儀社と互助会、JA・生協のサービスを利用できます。一般の葬儀社は自ら選ぶ際に候補が豊富で情報が多い点、互助会は葬式の費用に対して備えられるところがそれぞれの長所でしょう。

もっと読む

打ち合わせが大切

数珠

病院でご家族が亡くなった場合は、ご家族が希望する葬儀社か、病院側に紹介してもらった柏原市内の葬儀社に依頼して、まずはご遺体を搬出します。ご遺体を安置したら打ち合わせに入りますが、お通夜やお葬式は世間に合わせるのではなく、ご家族の希望するスタイルで執り行いましょう。

もっと読む

一般葬の流れ

式場

柏原市で行われている葬式の中でも、故人の社会的なつながりを重視した一般葬は多くの参列者が出席して行われます。一般葬はまず通夜に始まり、翌日に葬儀式と告別式が行われた後で出棺から火葬に至るのが基本的な流れです。葬儀式では読経など宗教儀礼が行われ、告別式は出棺前に参列者が故人に最後のお別れをする式です。

もっと読む