選ぶときの基準を持つ

それぞれの特徴

花

柏原で葬式を執り行うと考えた場合、一般の葬儀社、互助会、JAや生協に依頼できます。いずれにも葬儀全般を頼めますが、それぞれに形態や仕組みに違いがあります。柏原の方もそれぞれに違いを理解しておくと、これから葬式のことを考える場合や葬儀の際に役立つことでしょう。一般の葬儀社は、会社の数も利用者も最も多い葬式の依頼先です。全国展開をしている会社から、家族経営のところ、自社の斎場を有しているところもあり規模やサービスには色々とあります。大々的に宣伝をしているところが多いので、柏原の方が一番良く目にする存在でもあります。そのため選択肢が多く、柏原で葬儀についての情報が一番得やすいのが一般の葬儀社だと言えるでしょう。互助会は会員になることで会費支払い、費用を積み立て葬式の際にサービスを受ける形態です。会員になるときに、何年間でいくら積み立てていくのかを決めて契約をします。満期まで費用を積み立てられなかった場合は、足りない金額を支払うとサービスを利用できます。このように、生前から葬式の準備をしていけるのが互助会の良いところです。JA・生協の提供している葬儀のサービスは組合員になると利用できるようになります。葬式は提携している葬儀社や互助会に任せる場合が大半です。ですが農協の場合は、葬儀社を法人化しているケースも見られます。生協は料金体系がわかりやすく、オプションのサービスに至るまですべての価格が公表されているところが特徴です。

円滑に葬儀を行うコツ

ロウソク

一日葬や家族葬などの、シンプルなお葬式が主流になる柏原市内でも、こだわりのある演出へのニーズは根強いです。また柏原市内の一般的なお葬式の慣習や、マナーについて知らない人も多いために、葬儀会社のスタッフのサポートが有益です。特に葬祭ディレクターの資格を持つ人は、お葬式の流れや宗派別の作法にも詳しいので、家族が必要とするアドバイスも受けられるでしょう。最近ではお寺の檀家になる人も減っているために、柏原市内でお葬式を挙げる時には、宗派を確認して僧侶を手配するのが一番の課題です。葬祭ディレクターの助言に従って、仏壇のデザインなどを確認するのが、宗派を確定して葬儀に向けた準備を進めるコツです。そして葬儀の流れを決定するプロセスでは、祭壇やお棺や供花などの種類を選ぶのが、家族にとってはハードな作業です。その場合には葬祭ディレクターが、予算や家族の要望を総合的に考えて、手ごろなオプションを組み合わせてくれるでしょう。限られた時間内に親族や会社関係者などに、葬儀の連絡をする必要があり、その場合に役立つのは業者が用意してくれたチェックリストです。チェックリストを活用すると、お葬式を挙げる時に必要な事項が一目でわかるので、準備を滞りなく進めることが可能です。更に柏原市内では会場を利用した葬儀が主流であり、祭壇のグレードや供花のレイアウトにこだわるのがポイントです。本番では葬祭ディレクターが、セレモニーの進行もサポートしてくれるので、印象に残るお葬式が実現できるでしょう。

葬儀におけるマナー

フラワー

日常とは異なるお葬式の席では、葬儀を行う側が果たさなければならない風習があります。柏原でお葬式をする前に確認しておきましょう。例えば柏原で葬儀に関わってくれる方には心づけをお渡しする必要があります。心づけとはチップのようなものであり、霊柩車の運転手の方や火葬場で受付をしてくれる方に贈ります。価格は三千円から五千円が相場ですから、用意しておきましょう。また葬儀社の中には心づけを入れる袋を渡してくれる場所があります。中には葬儀社の取り決めで心づけを受け取らないスタッフもおられますが、その場合は無理にお渡ししないようにします。また心づけの他にも柏原でお葬式をする前に知っておきたいのが、ご遺体の搬送日です。故人は病院から斎場に運ぶだけでなく、斎場から火葬場へも搬送する必要があります。またご遺体は傷つかないように棺に入れ、ドライアイスで保護しなければなりません。こうした一連の搬送日は基本的に一万四千円以上用意しておくことが大切です。移動する距離に応じて、十キロごとに約三千円増していくと考えておきましょう。またお葬式に足を運んでくれる参列者の方々には、通夜振る舞いをお出しします。通夜振る舞いとは参列者の方々に口にして頂く食べ物と飲み物です。オードブルがあれば大勢に対応しやすいでしょう。柏原で、一人五千円から一万五千円円ほどを相場に考えて品を選びましょう。葬儀が終わった後は初七日を行いますが、こちらの金額は一人三千円から四千円が相場です。

選ぶときの基準を持つ

花

柏原での葬式は一般の葬儀社と互助会、JA・生協のサービスを利用できます。一般の葬儀社は自ら選ぶ際に候補が豊富で情報が多い点、互助会は葬式の費用に対して備えられるところがそれぞれの長所でしょう。

もっと読む

打ち合わせが大切

数珠

病院でご家族が亡くなった場合は、ご家族が希望する葬儀社か、病院側に紹介してもらった柏原市内の葬儀社に依頼して、まずはご遺体を搬出します。ご遺体を安置したら打ち合わせに入りますが、お通夜やお葬式は世間に合わせるのではなく、ご家族の希望するスタイルで執り行いましょう。

もっと読む

一般葬の流れ

式場

柏原市で行われている葬式の中でも、故人の社会的なつながりを重視した一般葬は多くの参列者が出席して行われます。一般葬はまず通夜に始まり、翌日に葬儀式と告別式が行われた後で出棺から火葬に至るのが基本的な流れです。葬儀式では読経など宗教儀礼が行われ、告別式は出棺前に参列者が故人に最後のお別れをする式です。

もっと読む