追加料金がないか事前確認

見積もりでサービス内容を確認

葬式の費用はピンからキリまであります。まず、最寄りの業者から見積もりを出してもらいましょう。柏原で葬式を行うのなら、柏原のいくつかの業者から出してもらうことをお勧めします。葬儀会社は競争も激しいので、いくつかから見積もりを出してもらっていることを話すと割安になるかもしれません。うまく交渉してみましょう。それから、柏原のいくつかの業者から見積もりを出してもらう際、内容をしっかり見ることが大切です。例えば、後で追加料金が取られてしまうこともあります。見積もり以上の金額を請求されないかどうかはきちんと確認しておきましょう。それから、葬式では様々なサービスが設けられていることがあります。その点も見積もりに載っていることがあるので、確認しておきましょう。例えば、柏原といっても交通の便が悪いところもあります。そこで送迎サービスをしてくれる葬儀会社もあるのです。送迎に関する費用は無料となっていることが多いです。他にも、オプションとしてどんなものがついているのか、見積もり時に確認しておくと安心です。一方、サービスもオプションも何もないような業者は避けた方がいいかもしれません。葬式は迅速かつ丁寧に行ってもらう必要があります。対応の良さも重視しましょう。このようにして、柏原でより良いと思える業者に葬式を依頼します。また、柏原だけでなく東大阪市などにも葬式の依頼ができる業者は数多くあり、サービス内容や利用できるオプションはそれぞれの業者によって変わってきます。そのため、しっかり見極めて自分たちが利用しやすいところを選ぶようにしましょう。

納得のいく打ち合わせ

親族が亡くなられた後は、残された家族は精神的に疲労した状態にあります。そのような状態で、お葬式の打ち合わせをした時、「もう葬儀屋さんにお任せします。」と言われるケースがあります。しかし、それでは後に予想以上に費用が掛かってしまう恐れがあるので、出来れば亡くなる前に葬儀会社で、ある程度の話を聞いておくと良いでしょう。急に亡くなられた場合や、事前に葬儀会社と打ち合わせをするなんて縁起でもないという方でも、亡くなられた後のお葬式への流れは冷静になるべきです。まず、病院から紹介された葬儀会社にそのまま任せるのではなく、まず、追加費用込みで、どのくらいの費用が掛かるのかを聞いておきましょう。その上で、数社からも話を聞いて、費用だけでなくサービスの違いなども比較します。時間がかかる場合は、病院にしばらく遺体を安置して頂くよう交渉したり、遺体の一時保管をしてくれる専門業者に依頼する、自宅へ搬送するなどの手段をとりましょう。柏原市でお葬式を検討されている方は、柏原市以外の病院で亡くなられた際、病院から紹介された葬儀会社よりも、まずは地元の葬儀会社の話を聞きましょう。柏原市に根付いた会社の方が、親身になって交渉に応じて頂けたり、地域の特色に合わせたサービスなどを提供してくれる可能性があるからです。また遠方で亡くなられた際、柏原市でお葬式を行う場合は、遺体を搬送する費用にも注意が必要です。お葬式の価格は安ければ安いほど言いという訳ではありません。故人を気持ちよく送り出す為、納得のいくお葬式にしましょう。

一連の流れ

線香

柏原の方がお亡くなりになってから、葬式までの一連の流れについて確認しておきましょう。まず、ご臨終を迎えられますと、医師による死亡の宣告が行われます。その後、ご遺体は病院の安置所に移されます。この時、病院側では死亡診断書が作成されます。また、病院から遺体引き取りの話しがあります。病院から葬儀社を紹介される場合もよくあります。予め予定している葬儀社があればご自身で連絡すればよいですが、そうでなければ病院の勧めに従う場合が多いです。葬儀社に連絡すると、まずは担当者が病院にやってきます。ここでは細かいお葬式のプランの説明はなく、とりあえず柏原の自宅へ運んでくれます。帰宅してご遺体を寝かせたら、今後のプランについて改めて説明があります。ここで葬式と告別式の予定について決めていきます。固定プランに加えてオプションを選ぶ項目がいくつもありますので、ひとつずつ担当者が説明していくものを選んで行きます。プランが確定すれば、担当者は一旦帰ります。ここまでは一気に進みますので、ようやく少しだけ時間が出来ます。しかし、あまり休む時間はありません。すぐにお通夜が始まります。時間によっては、斎場が柏原市内で近い場所でも寝る時間もないという状態になりますので、気が張っているところですが、少しでも休むようにしましょう。お通夜の前に担当者がご遺体を斎場に運ぶために来ます。ご遺族の移動は自身でしないといけないので注意が必要です。柏原市内でも車がない人はタクシーなど移動手段を確保しておきましょう。お通夜から葬式までは斎場で行われます。この間、一日ありますが、その間ご遺体に付き添いが出来る場合と出来ない場合がありますので、事前に確認しておきましょう。